葬儀の形態

一 般 葬

ご友人やご近所、会社関係の方などを招き、執り行うお葬式です。
多くの方に、しっかりとお別れをしていただけます。

一般葬のいいところ

故人の死亡事実を周囲に知ってもらえる。
お世話になった方々に最後のお別れをしていただける。

一般葬で注意しなければならないこと

宗教儀礼や地域の習慣にとらわれ、なかなか遺族の思い描く葬儀にならないケースがある。

家 族 葬

ご家族やご親族の方など、ごく身近な方を招き執り行うお葬式です。
最後のお別れの時間をゆっくりと過ごしていただけます。

家族葬のいいところ

故人とのお別れの時間をじっくりと過ごせる。
参列者が少数のため、対応などであまり気を遣わずに過ごせる。
費用についても会葬者が少ないのでお料理や返礼品、施工費用などは、通常の葬儀に比べて、
ある程度軽減することができる。

家族葬で注意しなければならないこと

後で亡くなったことを知った方が「どうして教えてくれなかったんだ」と不満に思う。
また、葬儀が終わってからもお悔やみを述べに自宅へ来られることもあり、遺族がその対応で疲れてしまう。

直 葬

通夜・葬儀を一切行わずにご自宅・安置施設で最後のお別れをし、
火葬場へ向かいます。シンプルなお別れのスタイルです。